イスラエル訪問記

イスラエル現地調査報告記(7)

11月4日(月)

イスラエル滞在最終日です。午前中は、リードマン国際カレッジのテル・アビブ本校で、サリー・リードマンさんたちと最後の打ち合わせを行いました。皆で揃って昼食を食べた後、カレッジの一階にあるニューエイジ系のショップでいくつかお土産を買おうとしていたのですが、サリーさんがそれらをすべて私にプレゼントしてくれました。


リードマン国際カレッジの一階にあるショップ

それから、ハギトさんの車でテル・アビブ空港へと向かいました。出国の時も入国の時と同様に、審査にとても時間がかかりましたが、ハギトさんが最後まで一緒にいて下さったために、ゆとりを持って対処することができました。とてもありがたいことでした。


イスラエルの皆さんのお陰で、本当に充実した一週間を送ることができました。また合計4回もプレゼンテーションの機会を得ることができまして、ありがたいことでした。プレゼンテーションにつきましては、特に、サリーさん、アナエルさん、ハギトさん、ベティーさん、アイザックさん、そしてロビンさんに感謝申し上げます。 水への愛と感謝プロジェクトに関しては、リードマン国際カレッジのサリーさん、ミズライヒ教授、アヴィさん、ハナンさん、ニッツァさん、そして他のスタッフの皆さんが、この計画を実現させるべく、協力して下さることになりました。皆様に感謝いたします。 そしてまた、今回イスラエルで滞在中に出会ったすべての皆様に感謝いたします。 最後にここまで私の報告をお読み頂いた皆様に感謝いたします。

プロジェクト活動のページ・トップに戻る