毎月のご報告

2002年9月25日の報告

とても天気が良かったので、(株)I.H.M.の社長でもある当プロジェクト代表の江本勝と社員一同は、9月25日の昼休みにオフィス近くの隅田川の土手にテラスの形に作られた公園に集まって、「水に愛と感謝を捧げるセレモニー」を行いました。

最初に代表の江本が簡単な挨拶を行いました。1923年の関東大震災で、この辺りに住んでいた親戚の何人かが亡くなったとのことです。そして江本はカタストロフィーの夢を何度も見てきていますが、これらの出来事と今回の「水への愛と感謝プロジェクト」の間にはきっと深い関係があるのでしょう。

今回のセレモニーは、江本の発案により、隅田川に向けて皆で歌を歌うことによって、水に愛と感謝の想いを送ることにしました。そして歌の題名は、そのものズバリ、「すみだがわ」でした。「は〜るのっ、うらぁ〜らぁ〜のっ、すぅ〜みぃ〜だっ、がぁ〜わ〜〜〜♪」という、日本人なら誰でも知っている例のメロディーです。

ちょっと奇妙な光景に見えますが、みんな心を込めて歌いました。隅田川は私たちの想いを受け止めてくれたことと思います。


私たちが歌を歌って、隅田川に愛と感謝の想いを送った直後の太陽の様子と、隅田川の川面の様子を写真に撮りました。

太陽の光が水面にキラキラ反射して、とても綺麗でした。隅田川を通して、世界中の水へと私たちの想いが伝わっていったことと思います。

プロジェクト活動のページ・トップに戻る