皆様へのメッセージ

2004年3月30日のプロジェクトからのメッセージ

ホゼ・アグエイアス博士東京講演会へのお誘い

親愛なる皆様:

「水への愛と感謝プロジェクト」代表の江本勝に代わりまして、メールを差し上げております事務局長の根本です。

現在、「ハーモニック・コンバージェンス」や「13の月の暦」の提唱者として世界的に知られている、ホゼ・アグエイアス博士が来日されています。

先週末の3月26〜28日には、神奈川県藤野にて3日間のワークショップが開催され、老若男女を問わずさまざまな分野の方々が集まりました。参加者からお聞きしたところでは、「13の月の暦」を活用している人々が幅広い層にわたってきていることが実によく分かった会だったとのこと。また、共時性に満ちあふれた素敵な出来事がたくさん起きたそうです。

当プロジェクト代表の江本勝は、1997年に東京で開催された「時間の法則に関する世界会議」で講演者の一人として参加した時に、初めてホゼ・アグエイアス博士と出会いました。「13の月の暦」を初めて知った時、とても自然なものに感じられ、同時に「どうしてこの暦をみんな使わないのかな?」という素朴な疑問を抱いたそうです。

それ以来、「13の月の暦」に深い関心を持ち続け、1999年の「時間をはずした日」すなわち7月25日には「ありがとう・びわ湖」と題するイベントを琵琶湖湖畔で行っています。この時の祈りによって、琵琶湖が浄化されたことは皆様よくご存じの通りです。昨年2003年の「時間をはずした日」には、当プロジェクトの呼びかけによって、皆様方のご協力をいただいて、「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」を開催いたしました。

このような流れの中で江本勝は、これから先2012年までの9年間の間にわたって、講演や執筆活動を通じて、人々に自然のリズムに回帰することの大切さを訴えかけて行こうと真剣に考えております。

今週土曜日の4月3日には以下の要領で、ホゼ博士とともに、博士とそれぞれに縁が深い、柳瀬宏秀さん、中西研二さん、そして江本勝という三人の日本人が東京の文京シビックホールで講演を行います。

ホゼ博士と日本的霊性に根差した三人の間の融合によって、2012年に向けての新しい時間意識が開花してくるのではないでしょうか。2004年4月・東京という時空間の中で、皆さんも一緒に共同創造してみませんか。

皆様、万障お繰り合わせの上、予約申し込みいただければありがたく思います。

『ホゼ・アグエイアス博士来日記念講演会―2012年に向けて日本から』

 日 時:4月3日(土)
     午後6時15分開場、午後6時45分開演、午後9時30分講演終了

 場 所:文京シビックホール・大ホール(東京都文京区春日1-16-21)
     営団地下鉄丸ノ内線・後楽園駅 4bまたは5番出口【徒歩0分】

 参加費:前売り3,000円、当日3,500円

 講 演:ホゼ・アグエイアス博士…「13の月の暦」の提唱者
     柳瀬宏秀…「コズミック・ダイアリー」著者
     江本 勝…「水からの伝言」著者
     中西研二…いやしの村東京・代表

 申 込:電子メールにて、以下のアドレス宛に予約申し込みをお願いいたし
     ます。4月2日(金)締切とします。
      ⇒ [email protected]
     その際、「ホゼ・アグエイアス博士来日記念講演会」参加希望とお
     書きの上、ご住所、お電話番号、お名前、チケットの枚数をお知ら
     せください。
     当日、会場入り口に予約券販売のカウンターがありますので、お名
     前などを告げていただければ、前売り価格(3,000円)にてチケット
     を販売いたします。
     もしくは、ローソンの各店舗で前売り券を購入することができます。
      ローソンチケット、Lコード:38286
       「"On The Road to 2012" ホゼ・アグエイアス来日講演会」
     4月2日の午後11時まで購入可能です。

 関連HP:ホゼ・アグエイアス来日情報(PAN Japan Library)
     ホゼ・アグエイアス来日講演会(Spiritual TV)

ご参加・ご協力、感謝いたします。
ありがとうございます。

水への愛と感謝プロジェクト事務局・根本 泰行

プロジェクト活動のページ・トップに戻る