皆様へのメッセージ

2002年10月25日の計画

代表・江本のアイデアによりまして、今回、当プロジェクトでは、毎月行っております水への愛と感謝の祈りに加えまして、その高い波動の中で、以下の言霊を唱えることを皆様に提案したいと思います。

「アメリカ合衆国がイラク攻撃を中止しました」
「ありがとうございました」

ご賛同頂ける方は、是非ともこの言霊を宇宙に向けて発しましょう。
よろしくお願い申し上げます。

なお、言霊の持つ力につきましては、当プロジェクトのHPに掲載されている江本勝からのメッセージを参考にして頂けることと思いますので、まだ、お読みでない方は是非ともご一読ください。


来年7月25日に開催予定の「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」ですが、セレモニーの前日に「水と意識に関するシンポジウム」を開催することを計画しております。

この2つのイベントを開催する場所としましては、いずれもヨルダン川上流のガリラヤ湖畔を考えております。

事務局長の根本は、10月28日からイスラエルに入り、これらのイベント開催に賛同してくださってますリードマン・インターナショナル・カレッジの サリー・リードマン さんとお会いして、打ち合わせを行う予定にしております。

また、イスラエルとパレスチナの間の平和活動に長年従事されてきている私の友人でもある ハギト・ラーナン さんには、イスラエルの国内での「水への愛と感謝プロジェクト」についてのプレゼンテーションの機会を準備してくださいました。

以下にハギトさんが電子メールで流してくださっているメッセージの翻訳を添付いたします。

「水からの伝言」というのは江本勝博士によってなされた奥深い研究の成果です。この本の中で、彼は、ポジティブな言葉やポジティブな音楽、そして真摯な祈りのような高い波動によって処理された水は、とても美しい六角形の氷の結晶を作るということを示しています。これらの結果に基づいて、根本泰行さんの密接なる支援の元に、彼らは「水への愛と感謝プロジェクト」と呼ばれる新しいプロジェクトを開始しました。
(http://thank-water.net/japanese/)

このプロジェクトの中で、彼らは、2003年7月25日までの毎月25日に、球上のすべての水に向けて、愛と感謝の想いを送ることを提案しています。この世界レベルのプロジェクトにおけるひとつの大きな任務は、2003年7月25日にヨルダン川の河畔で水に関するシンポジウムと聖なるセレモニーを開催することです。この日は、世界中の人々にとって、ヨルダン川に向けて愛と感謝の想いを送る機会となります。集合意識の影響の大きさを理解すれば、私たちの愛と感謝の祈りが、水の波動を変化させ、その波動が変化した水を飲むことによって、私たちの身体の波動も同様に変化することでしょう。なぜなら、人の身体の7割は水だからです。私たちは、このセレモニーが、イスラエル人とパレスチナ人の間の平和にも直接寄与することを心に思い描いています。

セレモニーの準備にむけて、根本泰行さんは私たちの土地を訪れ、何人かの人々と出会い、そしてまたこのセレモニーを行う上でのもっとも適した場所を探すことになっています。
もしなたがこの素晴らしいプロジェクトについてより多くを知りたいと願うのであれば、以下の日時・場所で根本泰行さんと会うことができるでしょう。

10月31日(木)19:30、ロッシュ・ピナのアナエルの家、もしくは
11月 2日(土)19:30、エルサレムのイースト・タルピオットのアイザックの家

もしここれがあなたのハートに触れるものであるのならば、そしてこれがとてもパワフルな機会であると認識するのであれば、是非根本泰行さんと会って、その仕事や7月に開催予定の聖なるセレモニーについて、そしてまたどのようにしたら共に創造することができるのか、ということについて多くを学んでください。

ワンネスと無限なる愛の中で ― ハギト

ハギトさん、そしてイスラエルの皆様に感謝申し上げます。


最後に、私たちはこれまで毎月25日に、水に愛と感謝を送るセレモニーを行いましょう、と提案してまいりましたが、「毎日の日常生活の中でも、水に対して想いを向けることが大切ではないでしょうか。そして、朝7時25分と夕方7時25分という時間を設定したらいかがでしょうか」とのご提案をプロジェクト賛同者のお一人から頂きました。

これは数霊(かずたま)の力を利用するということにもなるかと思いますが、とても素晴らしいアイデアだと思いますので、採用させて頂くことにいたしました。従いまして、皆様方におかれましては、お忙しい時間帯かと思いますが、ほんの数秒、数十秒でもよろしいですから、毎日朝晩の7時25分に世界の水に想いを馳せて頂ければありがたく存じます。

皆様方の当プロジェクトへのご支援・ご協力に深く感謝申し上げます。

根本 泰行、ギリシャ・アテネにて

プロジェクト活動のページ・トップに戻る