皆様へのメッセージ

2002年7月25日の計画

当ホームページを公開して以来、2003年7月25日というのは2002年の間違いではないか、というお問い合わせをたくさんいただきました。私たちの初期のプランでは2003年を目指していたのですが、たとえ小規模であっても、本年2002年の7月25日から活動を開始することが大切であると考えるに至りました。

そこで、2002年7月25日から「水への愛と感謝プロジェクト」をスタートしたいと思います。想いを送る時間もある程度そろえた方が望ましいと思われますので、午前7時、午後1時、午後7時の3回のタイミング(皆さんが住んでおられる国・地域のローカルな時間です)を設定いたします。3回のうちのいずれかのタイミングで、水に向けて愛と感謝の想いを送ってください。なお、事情によってどうしてもこれら3つの時間のどれかに合わせることができなければ、それ以外の時間でも結構だと思います。よろしくお願いいたします。

2002年7月25日に向けて、皆様からのご報告のページや掲示板も含めて、ホームページを整備しつつ、できるだけ多くの方々に当プロジェクトについてお伝えしていきたいと考えております。

2002年7月25日以降、2003年7月25日までの間の計画

  • 2003年7月25日の世界的なイベントに向けて、今から少しずつ水に対する私たちの意識を高めていくことが大切だと考えています。そこで、今年2002年の7月25日以降、2003年7月25日までの間の毎月25日に、全国(世界)一斉に、地球上のすべての水に対して愛と感謝の想いを伝えるイベントを、小規模ながらも継続的に、行っていきたいと思います。
  • 水に関しての講演やワークショップを行いながら世界中を回り、「水への愛と感謝プロジェクト」について人々に伝えていきます。そして協力を依頼します。 ホームページを充実させつつ、インターネットを通じて世界中にネットワークを広げていきます。世界中の一般市民、市民団体、地方自治体、国連、教育機関、宗教団体、環境団体、精神世界系団体、大学・研究所などへとネットワークを繋げていきます。趣旨に賛同し、当プロジェクトにご協力していただける個人・団体の方はぜひ下記連絡先までご連絡をお願いいたします。

来年2003年7月25日の計画

  • 現在プランを少しずつ詰めているところですが、来年2003年7月25日には、ヨルダン川の源流もしくは源流に近いところで、「水に愛と感謝を捧げるセレモニー」を開催することを計画しております。ガリラヤ湖周辺を第一候補地として考えております。
  • 皆様におかれましては、この現地でのセレモニーに参加することもできますし、また皆様が現在おられる場所において、時を同じくして、世界の水に対して愛と感謝の想いを送ってくださることもできます。どちらも等しく重要であり、両者を連動させていきたいと思っております。
  • 2003年7月25日の前後1週間ほどに渡って、水に関する各種パラメーターの測定を世界の研究機関に依頼し、人の意識によってどのように水が変化するのかを科学的に調べていきたいと考えています。調査に協力してくださる個人・団体の方がいらっしゃいましたら下記連絡先まで、ぜひご一報ください。

今後10年の計画

  • 特定非営利団体法人を目指していきたいと考えています。
  • 「水に愛と感謝を捧げる日」として、7月25日を国際的な休日に定めることを提案していきたいと考えています。
  • 人類の集合意識を少しずつ高めていくことによって、世界平和の実現に寄与できればと考えています。

プロジェクト活動のページ・トップに戻る