2004年7月25日「世界の水に愛と感謝を捧げる日」

「世界の水に愛と感謝を捧げる日 in リヒテンシュタイン」のレポートは こちら
皆様方から頂きました2004年7月25日のセレモニーの計画・報告(1)は こちら

皆様方から頂きました2004年7月25日のセレモニーの計画・報告(2)は こちら

今年2004年7月25日の「セレモニー」ですが、私たちプロジェクト事務局としては、以下のような要領で、スイス・ドイツ・オーストリアの三国に接するヨーロッパの小国リヒテンシュタインにて、「講演会&セレモニー」を開催する運びとなりました。

プロジェクト代表江本勝の講演会
日  付 2004年7月25日(日)
時  間 午後2時〜5時
場  所

リヒテンシュタイン国エッシェンの公民館

参 加 費 大人20ユーロ(30スイスフラン)、子供10ユーロ(15スイスフラン)
チケット ブレゲンツ旅行案内所(Bregenz Tourism Center)、もしくはファドゥーツ(Vaduz)、シャーン(Schaan)、エッシェン(Eschen)、バルザース(Balzers)の郵便局にて販売しています。

世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー
日  付 2004年7月25日(日)
時  間 午後7時〜
場  所 リヒテンシュタイン国ガンプリン-ベンデルンのボンゲルト広場
参 加 費 無料

リヒテンシュタインで開催することになった理由ですが、ひとつには「波動ライフ・ヨーロッパ」という名前の結晶写真を撮影することのできるオフィス兼研究室が、今年の3月にリヒテンシュタインのエッシェンに設立されたからです。

波動ライフ・ヨーロッパの運営責任者であるラスマス・ガウプさんが7月25日のイベントの開催に向けて、全面的に協力してくれています。

波動ライフ・ヨーロッパのHP:http://www.hado-life-europe.com

当日は午後2時から5時まで、江本勝プロジェクト代表の講演を楽しんで頂いた後に、午後7時から場所をあらためて、「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」が開催されます。なお講演は有料ですが、セレモニーは無料です。

さて当プロジェクトとしましては、セレモニーのために、世界中からリヒテンシュタインの研究所宛てに水を送ってくださることを、ぜひ皆様にお願いしたいと思います。

良く洗ったペットボトルを使って、皆様のお住まいの近くの水場(川や池・湖、あるいは井戸など)で 200 ml〜500 ml 程度の水を汲んでください。その水に対してまず皆様それぞれで、愛と感謝の波動を注ぎ込んでいだだきます。それからボトルの蓋をしっかりと閉めて、アルミホイルで全体を3回ほど覆います。そして7月25日に間に合うように、下記の住所まで航空便にてお送りください(7月24日必着でお願いいたします)。なお、当日セレモニーに参加できる方は、水を直接持参してくださっても結構です。

Hado Life Europe
attn: July 25 Project
Essanestrasse 164, 9492 Eschen, Liechtenstein
Tel: +(423) 3730220 (Office), +(423) 3730221 (Lab)
Fax: +(423) 3730222
E-Mail:
Homepage: http://www.hado-life-europe.com

当日、セレモニー会場にて、このようにして日本各地・世界各国から送って頂いた水をすべて合わせてひとつにします。その水に対して、参加者一同で心を込めて、愛と感謝の波動を送ります。それから、この水を会場の近くを流れているライン川に流します。そして、地球上のすべての水が愛と感謝の波動で満ちていくことを祈ります。

ライン川は、スイスのアルプス山脈にその源を発し、リヒテンシュタインを経由してオーストリア、ドイツ、フランスの国境付近を流れ、ドイツとオランダを横切って最後に北海へと流れていく、ヨーロッパを代表する大河です(下図参照)。


クリックすると拡大します

当プロジェクトでは、協力者を募って、リヒテンシュタインよりも下流の地域の何ヶ所かで、セレモニー前後でのライン川の水を採水します。波動ライフ・ヨーロッパならびにIHM総合研究所でそれらの水の結晶写真を撮影して、後日インターネット上ならびに月刊Hado誌上で発表いたします。

ライン川流域にお住まいの方で、セレモニー前後の水を採取して送ってくださることができる方は、当プロジェクト事務局(根本泰行)までご連絡ください()。

私たちがリヒテンシュタインでライン川へと送り出す愛と感謝の波動は、ライン川の水を通じてこれらのヨーロッパの国々へと伝わって行くことでしょう。

皆様方におかれましては、リヒテンシュタインのセレモニーに必ずしも来ていただけなくても、もちろんまったく構いません。皆様それぞれに、それぞれの場所で、7月25日に世界の水に愛と感謝を送っていただければありがたく存じます。

そしてまた、日本各地・世界各国で、7月25日に「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」を開催予定の方は、その規模の大小に関わらず、スケジュールを当プロジェクトまでお知らせください。

随時、プロジェクトのHPにて、案内を掲載させていただきます。

このプロジェクトの目的は、世界の水に対して、私たちの真摯なる愛と感謝の想いを捧げるということのみにあります。

水はこの惑星においてもっともありふれた物質ですが、同時に多次元的な性質を有し、私たちの意識そのものと深く結びついています。地球全体の水に対して愛と感謝の想いを送ることによって、私たちは水を浄化することができるのみならず、世界平和に向けて人類の集合意識を高めていくことができると私たちは信じています。

ホームへ戻る