2003年7月25日の「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」(1)

昨年7月に主幹・江本勝とともに立ち上げました「水への愛と感謝プロジェクト」で計画してきました「世界の水に愛と感謝を送るセレモニー」の開催日は、いよいよ今月の25日となり、秒読み段階に入りました。

イスラエルでの計画

当初の計画通り、江本勝夫妻と私はイスラエルに入ります。イスラエルでのセレモニーは、7月24日の午後5時から、サリー・リードマンさんが校長先生をしている“代替医療のためのリードマン国際カレッジ”のキネレット分校のキャンパスで開催されます。江本勝の講演会、世界の国旗を使っての世界各国の平和の祈り、歌や音楽演奏、そして最後に真夜中を過ぎて7月25日になった時点で、ガリラヤ湖畔にて「世界の水に愛と感謝を送るセレモニー」を行う予定になっております。

私たちは当初5月に、準備のためにイスラエル入りして江本勝の講演会を行うことを計画していたのですが、イラクとアメリカの間での戦争が始まり、イスラエル国内の情勢がかなり不安定な状態になってしまったために、4月に入ってからこの計画は断念いたしました。その後、イラクとの間の戦争は終結し、イスラエル国内は以前の雰囲気に戻ってきているということをサリーさんから聞きました。

この原稿を書いている6月初頭の段階においては、ブッシュ米大統領がイスラエルのシャロン首相とパレスチナのアッバス首相との間で三者会談を行い、平和に向けてのロードマップが作られつつあるという状況です。事態はまったく予断を許しませんが、私たちとしては7月25日には、世界中から送られてくるであろう光の媒体となって、ガリラヤ湖やヨルダン川の水に愛と感謝の波動を捧げ、粛々と目的を果たして無事に日本に戻って来たいと考えております。

なお、現地イスラエルでのセレモニーにつきましては政情が不安であるということで私たちはツアーを組んだりすることをせず、参加したい方につきましては自己責任でお願いする形でお返事をしてまいりました。そうした中で「地球生命体感謝プロジェクト」の代表である大林寛さんを団長とする20名弱のグループが自主的にイスラエルのセレモニーに参加し、そしてサポートして下さることになりました。深く御礼申し上げます。

ドイツでの計画

ドイツでは私たちの友人のジョセフ・バウアーさんとコンラッド・ハルビックさんが「世界の水に愛と感謝を送るセレモニー」を計画してくださっていますが、残念ながら事情により、当初の開催予定場所として考えていたシュタルンベルガー湖ではなくて、ミュンヘン近郊にある、より小さなダイニンゲル・ヴァイヘル湖という名前の湖でセレモニーを行うことになりました。詳細については決まり次第、当ホームページに掲載していきますので、是非ご覧下さい。


ダイニンゲル・ヴァイヘル湖

日本の琵琶湖での計画

私たちは日本では、琵琶湖がひとつの重要なポイントであると考えております。そしてプロジェクト代表の江本勝のアイデアに基づいて、下図に示すように、あたかも水の氷結結晶の形(いわゆる六芒星であり、ダビデの星とも呼ばれます)をなすがごとくに、琵琶湖を取り囲むようにして6ヶ所の地点を定め、琵琶湖の水全体にくまなく愛と感謝の波動を送ることを計画しております。


琵琶湖を囲む6ヶ所のポイント

竹生島では生嶋宮司さんのご好意によって竹生島神社の境内をお借りしまして、美内すずえさんのリードによって、「世界平和と水への愛と感謝の祈り」というセレモニーが開催されます。また、他の5箇所におきましても、以下にお示ししますように、担当してくださる方々が決まりました。

  • 竹生島…美内すずえさん(お問い合わせは当プロジェクト:スペースが限られているので申し込み制になります。6月25日消印有効まで。下記参照のこと)。
  • 長浜…三好良社の小見寺孝子さん(048-943-1838)
    • 行事名称:お水さんありがとう 3分間の祈り
    • 日  時:7月25日(金)午後1時より、3分間
    • 場  所:長浜港前
    • 行事内容:一つの輪になって、水に愛を捧げます。お水さん、ありがとう。
           水をみずから大切に!
           世界中の人々、一人一人が水を大切にすること、節約出来ることにより、
           水がまんべんなく世界中に行き渡ることを願います。
  • 今津…真和界の海福ひろ江さん(042-727-1998)(連絡先が変更になりました)
  • 近江八幡…地球生命体感謝プロジェクト神戸・奈良の福岡妙子さん(0798-73-0130)と加藤貴子さん(0745-73-5036)
    • 日  時:7月25日午前11時
    • 集合場所:JR近江八幡駅に10時に集合。
           車での送り迎えがあります。自家用車の場合、駅から会場まで30分かかります。
           バスですと、40分(国民休暇村行きのバスに乗って、終点で降りる)。
           近江八幡の駅、バスの国民休暇村の停留所で案内係りの者がおります。
    • 開催場所:近江八幡市沖島町近江八幡国民休暇村の琵琶湖畔にて11時から始まります。
    • 行事内容:世界の平和を祈る。水への感謝のセレモニー。
  • 近江舞子…地球生命体感謝プロジェクト近江舞子(組織名称が変更になりました)の永田次男さん(077-596-2113, 090-8792-1782)
    • 行事名称:琵琶湖の水に感謝するセレモニー
    • 行事内容:水への感謝のフラッグセレモニー
    • 日  時:7月25日(金)午前10時30分
    • 集合場所:JR湖西線・近江舞子駅。すぐ前が琵琶湖湖畔です。
    • 連  絡:永田 次男 090−8792−1782
           橋口 循子 06−6338−5315
           浅井 恵子 0727−57−7436
           大阪よりお越しの方は
            大阪駅   9時15分 新快速 近江今津行き
            近江舞子 10時15分(乗り換えなし)
  • 大津…環境と水を研究する会の武宮新さん(077-534-5453)
    • 日  時:7月25日(金)午前11時
    • 場  所:膳所城址公園・琵琶湖畔側

皆様におかれましては、これら6ヶ所のいずれかのセレモニーに合流してくだされば大変ありがたいと思います。但し、竹生島でのセレモニーの場合のみ、諸事情により(会場の面積が限られていること、船に乗って行かなくてはならないことなど)、参加人数に制限を設けざるを得ません。竹生島のセレモニーに参加希望の方は、下記の要領でお葉書にて私どもまでお申し込み下さい。締め切りは6月25日消印までといたします。また、誠に申し訳ありませんが、申込者多数の場合、抽選にさせて頂きます。

宛先:
 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-1-11イーストサイドビル1F
 (株)I.H.M.内「水への愛と感謝プロジェクト」係

「竹生島でのセレモニーに参加希望」と明記の上、以下の情報を書き添えて、葉書にてお申し込みください:お名前(ふりがな)、ご住所、お電話番号、ファックス番号、電子メールアドレス(もしあれば)、希望参加人数など。

竹生島以外の場所での琵琶湖のセレモニーに合流したい方は、それぞれの場所の担当者の方に連絡を取って下さい。

また、もちろん上記6ヶ所に限ることなく、皆様方それぞれが家族や友人たちとともに琵琶湖の畔に集まって、独自に水に愛と感謝を送るセレモニーを行って下さっても一向に構いませんし、そのようにして下さっても大変ありがたく思います。

但し、7月25日は夏休み期間であり、一般の観光客やキャンプ客などが湖畔にたくさん押し寄せている時期でもあります。多数の人々が集まる場合には、ゴミやトイレなどに(車を使う場合には駐車場の問題などにも)留意して、地元の人々に迷惑をかけないように気を配る必要があるでしょう。

日本各地での計画(琵琶湖以外)

また琵琶湖以外でも当プロジェクトの趣旨に賛同してくださって、7月25日に日本各地でセレモニーを計画してくださっている方がいらっしゃいます。

広島では、江本勝の講演を企画して成功させて下さったエコーイングの濱本聡さん(082-879-5771)が、「世界の水に愛と感謝を送るセレモニー」を計画してくださっています。

東京では、地球生命体感謝プロジェクト東京の皆さん(代表・さん、0422-55-7551)が、葛飾あらかわ水辺公園にて7月25日の午後2時から、荒川の水に向けて、そして世界の水に向けて、愛と感謝の波動を送ります。

猪苗代湖ではヒーリングセンター・ハーモニーの小針真由美さん(024-945-2515)のリードで、湖畔の7箇所(長浜、天神浜、志田浜、白鳥浜、舟津浜、中田浜、青松浜)にて、「水に愛と感謝を捧げるセレモニー」が開催されます。

島根県の伊藤宣之さん(0855-84-0149)は、中国・四国チームということで、伊藤さんの地元の島根県のハンザケの里を取り囲むようにして、さらに6箇所の地点(島根県浜田市アクアスシロイルカ、広島県宮島町厳島神社、愛媛県石鎚神社、岡山市高松稲荷、島根県大山町大神山神社、島根県大社町出雲大社)を結んで、「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」を行うことを計画してくださっています。

(有)IHMテックとHCC大橋のさん(092-562-4288)は、7月25日の朝11時から、福岡市西区小戸の小戸公園内にある妙見神社にて、「お水さんへの愛・感謝の祈り」を行うことを計画してくださっています。

また大倭五十鈴会の小林美元先生(0744-27-8755)は、一足先の7月13日(日)に、奈良県吉野の丹生川上神社の中社にて神武天皇ゆかりの儀式を行い、その中で世界の水に愛と感謝を捧げる時間を作ってくださるとのことです。この日はちょうど満月にあたります。

また七田チャイルド・アカデミーでも右脳教育を受けているたくさんの子供たちが7月25日のセレモニーをサポートしてくれることになっています。具体的には、藤山守重社長ならびに飛谷ユミ子講師のご支援をいただきまして、全国の教室に協力要請のファックスを流させていただきました。そして7月19日(土)から25日(金)の1週間の間にそれぞれの教室の中で、世界の水に、「お水さん、愛しています。お水さん、ありがとう。お水さんを大切にします」と語りかけていただくことをお願いしております。ご協力、深く感謝いたします。
http://www.shichida.ne.jp/

湘南の鵠沼海岸もしくは片瀬江ノ島東浜で(会場は追って決定される予定です)、「湘南から海へ愛と感謝のプロジェクト」代表のミュージシャンのさん(0466-28-4433)が、7月25日の午後1時から4時に「湘南から海へ愛と感謝を!」というイベントを計画中です。
http://www.e-half-moon.com/

他にもたくさんの方がセレモニーの計画を進めて下さっています。随時、当ホームページに掲載していきますので、最新情報を是非ご確認ください。また繰り返し申し上げてきていることではありますが、皆様におかれましては、いずれかのセレモニーに合流してくださっても構いませんし、まったく独自に友人や家族などとともに、自分たちだけでこじんまりとした(?)セレモニーを行って下さっても一向に構いません。規模の大小は問題ではないと考えております。小規模のものでも大歓迎です。

また私たちのプロジェクトの趣旨に賛同して7月25日にセレモニーの計画を立てている方は是非その内容について当プロジェクトまでお知らせください。よろしくお願いいたします。

海外各国における計画(1)

以下に海外で計画されているセレモニーについて、ご紹介いたします。

まずアメリカはハワイからですが、私の友人たちでもある「ホノルル光の教会」のメンバーがとても素敵な計画をたてて下さっています。以下はキャロル牧師からのメールです。

親愛なるヤスへ:

私たちはハワイ時間で2003年7月25日の午後3時から、水に愛と感謝を捧げるための特別な祈りと瞑想、そしてトーニングを行います。私たちはクリスタル・ボウルをヨルダン川の水、アリゾナ州セドナのレッド・ロックの水、ハワイ州モロカイ島のハラワ谷の水、そしてワイキキ・ビーチの水で満たします。
このイベントは、インターネットを通じて、生放送のビデオ・ストリーミングとして世界に配信する予定です。詳しくは私たちのホームページを見てください。そして私たちは世界中の人々にこの水への愛と感謝プロジェクトについて伝えていきたいと思います。私たちは江本博士とあなたが行っている仕事をサポートするために全力を尽くします。

愛と共に、キャロル
http://www.kirael.com

次に、はるばるアメリカのアーカンソー州から京都で開催された世界水フォーラムに参加して、3月20日の江本勝の講演を聞いてくださったバーバラ・ハーモニーさんからのメールです。

親愛なるヤス:

アメリカ・アーカンソー州のユーレカ・スプリングスでは、「内なる惑星ヒーラーを覚醒するプロジェクト」のメンバーたちが、7月25日の午前11時にマグネティック・スプリングに集まって、水に愛と感謝を捧げます。そして、あなた方がガリラヤ湖他で行っている水のプロジェクトとリンクしたいと思います。
私たちのグループは過去2年間に渡って、新月と満月の日に集まり、ユーレカ・スプリングスの泉の水に対して愛と感謝の思いを捧げてきています。詳しくは以下のホームページをご覧下さい。
私たちを仲間に加えてくれてありがとう。

愛とともに、バーバラ
http://www.planetaryhealer.net

バーバラが友人のジェインアンにやはり私たちのプロジェクトに参加するようにと頼んでくれました。以下はそのジェインアンからのメールです。

こんにちは、バーバラとヤス:

私たち、水とレイキ・プロジェクトでは、江本博士のグループと合流して、毎月25日に水に愛と感謝を捧げます。そしてまた毎日朝7時と夕方7時にも、水に愛と感謝を捧げます。そして、7月25日(マヤ歴では時間を外した日になります)のイスラエルでのイベントにおいては、私たち水とレイキのサークルは遠隔でレイキの波動を世界中の水に向けて送ります。どうもありがとう。

たくさんの祝福を、ジェインアン

同じバーバラというお名前ですが、こちらはグローバル・メディテーション・ネットワークというホームページとメーリング・リストを主催しているバーバラ・ウォルフさんからのメールです。

こんにちは、ヤス:

今週中に世界中の人々に向けて、7月25日の水のプロジェクトについて伝えるためにメールを送る予定です。
そしてまた、五大湖と呼ばれる巨大な水瓶のひとつをなしているオンタリオ湖でも7月25日に水の浄化のためにイベントに参加するグループがあることをお知らせします。また、他の人々にも、水を浄化するために7月25日に近くの川や湖に集まってもらうようにお願いするつもりです。

世界人類が平和でありますように、バーバラ
http://globalmeditations.com/

バーバラが書いているオンタリオ湖のグループというのは後に出てくるマリリン・ギャングさんのグループのことです。このプロジェクトを通して人々がどんどん繋がっています。

次はフロリダ州在住のエリジヤ&リチャード・ストーディグルさんからのメールです。

親愛なる根本さん:

あなた方のアイデアはとても素晴らしいと思います。そして是非一緒に参加したいと思います。
私たちは、7月25日に世界のすべての人々をひとつにするために、フロリダ州のスピリット池でプロジェクトを行うことを計画しております。以下が私たちのウエブサイトです。
http://www.mind-body-spirit-411.com/lovethankswater.html

私、エリジヤは何年も前に日本を訪れたことがあります。とても素晴らしかったです。私は味噌汁や餅などの日本食が大好きです。

エリジヤとリチャード

そして次はワシントン州シアトル近郊の島に住んでいるコリーナさんからのメールです。

こんにちは。

私の名前はコリーナ・コッヘンドルファーです。私はワシントン州シアトルのそばにあるヴァション島に住んでいます。そして江本博士が先月バンクーバーに来られた時には、朝食をご一緒する機会を持つことができました。私はピュージェット・サウンド(根本注:米国ワシントン州北西部、太平洋の細長い湾)を、あなた方が地球規模で計画している水を祝福するセレモニーのリストに加えて頂きたいと思いまして、こうしてメールを書いています。
ヴァッション島はピュージェット・サウンドの中心に位置しており、シアトルとタコマの間にあります。ヴァッション島は“湾の心臓”として知られています。
私たちが計画したセレモニーでは、音楽をたくさん取り入れる予定にしています。この湾の全域に渡って何百という数の人々が集まって水に祝福を与えるでしょう。ヴァッション島では、私たちは特殊な音を使ってのセレモニーを行います。私たちはクリスタル・ボウルと呼ばれる特別な楽器のセットを持っていて、それには21個のボウルがあります。それらは水晶のクリスタルであって、振動させるとたくさんの振動数と共鳴するようになります。私たちは水のほとりで一緒にこの楽器を演奏します。そしてディジュリドゥーと呼ばれるオーストラリアの楽器を演奏する13人の男性がこの演奏に加わります。

どうもありがとう。
コリーナ・コッヘンドルファー

以下はミネソタ州からのメールです。

こんにちは。

「世界の水に愛と感謝を捧げる日」を設定することによって、世界の水に影響を与えることのできる機会を作ってくださって、ありがとうございます。
私たちは、アメリカのミネソタ州アノカで、この特別な日のための準備を始めています。
私たちの場合、7月26日の土曜日に計画しているのですが、それで構いませんか。私たちはアメリカ中部時間で午後4時、6時、8時にセレモニーを行うことを計画しています。

祝福とともに、ヴァレリー・リスとブレンダ・キャンベル

ヴァレリーさんとブレンダさんはこのように26日にセレモニーを行うことを計画して下さっていますが、これは今年の7月25日が金曜日に当たり、場合によっては土曜日の方がイベントを開催しやすいという事情があります。25日にできない場合、次善策として26日であってもともかくもセレモニーを行って頂けるのであれば、それは大変ありがたいことでありますし、また、愛と感謝の思いは時間と空間を超えて地球のすべての水に伝わっていくと私たちは考えております。

次はミシガン湖からです。

私は是非私の何人かの友人とそして家族とともに、ここミシガン湖のリーランドにある桟橋で、すべての美しい水を私たちに与えてくれている神に対して感謝の思いを捧げたいと思います。
クリスタルとは、キリスト・オール、すなわちキリストのすべてである、ということを教えてくれてありがとう。それを聞いて大変嬉しく思います。

あなた方すべてに祝福がありますように、スザンヌ・レデール

このスザンヌのように、友人や家族だけで水に愛と感謝を捧げてくださるのも、大変素晴らしいことだと思いますし、ありがたいことです。

さて以下はお国が変わってカナダのトロント・ダウザーズというグループのマリアン・ギャングさんからのメールです。

私たちが計画している水のプロジェクトについてお伝えします。
私はカナダのオンタリオ湖畔にあるトロントに住んでいます。私はダウザーのグループを運営しています。ダウザーが一体何を行うかご存じでしょうか。ダウザーは水を見つけます。二本の棒を持って歩き水を探している人々の写真を見たことがあるでしょう。水が見つかると、二本の棒は地面に向かって引かれるようになります。
さて、北アメリカでの最高のダウザーのひとりはレイモン・グレースです。彼は私たちに物事を変化させる(感情や出来事を変化させる)ためにダウジングを利用する方法について教えてくれています。
私たちは、レイモン・グレースの仕事を江本博士の仕事に結びつけて、私たちの町や私たちの惑星の水を癒していきたいと考えています。7月25日には、トロント・ダウザーズは、世界で14番目に大きな湖であるオンタリオ湖に行きます。詳しくは以下のホームページをご覧下さい。
http://www.TorontoDowsers.com

私はほんの一握りのグループであっても、真剣に思いを捧げれば、1年以内にこの地球上のすべての水を浄化することができると信じています。

感謝とともに、マリリン・ギャング

マリリンさんは早くから7月25日の計画を立ててくれて、私たちを勇気づけてくれました。ありがとうございます。

次にドイツからのメールをご紹介します。

親愛なる根本泰行さん:

私たちが考えている「水への愛と感謝プロジェクト」の計画を以下に示します。
時間:2003年7月25日午後5時
場所:アメルゼー湖のバイエルン地方側のヴェンゲンにあるメクチルデス・クベレ
内容:午後5時から水への祈り
午後7時から祈りと歌のセレモニー
参加したい方は、以下のホームページにアクセスしてください。
http://www.ansem.de

教育プロジェクト“生命の場”(Lebensfeld)、親のための幼稚園と学校
ミハエル・ロッター

同じくドイツからもう一通ご紹介します。

江本博士とご友人の皆様へ:

私は7月25日にドイツのデクセンドルファー・ヴァイハー(ノイルンベルクのエルランゲンの隣です)にて、水に祝福と祈りをを捧げるセレモニーを計画しております。
音楽、セレモニー、夕食会、焚き火、ドラムなどを考えています。午後2時に開始し、夜まで祝宴を続けようと思います。世界中から、ヒーラー、シャーマン、音楽家、そして芸術家たちが集まるでしょう。
さらに情報を欲しい方は、以下のメールアドレスにメールを送って下さい。
[email protected]
あた方とあなた方のお仕事に愛と感謝を捧げます(ドウモアリガトウ)
いつの日か、是非お会いしましょう。

カトリン・マルティニー

さらにもう一通、ドイツからです。

江本さん、根本さん、こんにちは。
皆さん、こんにちは。

私たちは6人のグループです。そしてあなた方のプロジェクトについて読んだ後で、最初の“水への愛と感謝”のミーティングを行うことに決めました。

 場   所:ドイツのケンプテン州ベツィガウのそばにあるノッツェンヴァイハー湖
 日   時:2003年7月25日午後7時(午後6時30分から変更になりました)
 連 絡 先:アンドレア・シタとヨセフ・クラウス(ファックス:49-8304-5280)
 電子メール:

今、情報交換のミーティングをやっているところです。セレモニーにたくさんの方々が参加して欲しいと思っています。ありがとう。

アンドレア・シタ
ヨセフ・クラウス
ヴォルカー・ファーバー
シュテファニー・マイアー
クリスティアン・ジラー
リタ・ファーバー

さらにもう一通、ドイツのベルリンからです。

根本さん、こんにちは。

私は、少なくとも7月25日には、ベルリンにある「クルンメ湖」で瞑想を始めることに決めました。
私たちは午後7時に待ち合わせをし、7時30分まで瞑想します。
それから、沈黙の中で、「瞑想的な泳ぎ」を行います。
この情報を www.thank-water.net に掲載されるのであれば、私のアドレスは以下の通りです:
オダヒルド・ホックマン(Odahild Hochmann)
Sprungschanzenweg 101
Tel.: 802 38 10
mail:[email protected]

皆様方すべてが幸せでありますように
愛とともに、オダヒルド

ドイツは、「水からの伝言」がもっとも浸透している国のひとつと言えるでしょう。次はそのお隣のオーストリアからです。

あなた方のホームページとあなた方のアイデアに刺激を受けて、私たちもここオーストリアを流れる偉大なる川、ドナウ川の畔にて、セレモニーを計画することにしました。セレモニーは、こちらの時間で7月25日の午前10時からドナウ川沿いにある歴史的な町、ポクラルンで開催します。私たちはドナウ川の河原に集まり、この川の水に対して感謝と祝福を捧げます。
子供たちも大人たちも皆大歓迎です。さらなる情報はメディアで流します。レクチャーを開催することも考えています。
さらなる情報を欲しい方は以下のアドレスにメールを送って下さい。

すべての人々、環境、そして世界中の友人たちへ、ポクラルンより親愛なる情を込めて
クラウス・ベーレントとフランツ・ヒレブラント

次は南米ブラジルからです。

江本勝博士:

ここブラジルでは私も含めてたくさんの人々が、あなた方のお仕事を尊敬しております。
7月25日の水に愛と感謝を送るプロジェクトについて知りました。ここアマゾニアでも、私たちはこの水に対する愛の繋がりの中に入りたいと思います。私たちはここでホーリスティックなヒーリングのグループを作っています。さらにどのようにセレモニーを進めたらよいか、教えて下さい。
アリガトウ、アリガトウ

ブラジルのユシアネ・デ・シルバより

アマゾン川流域からも参加して下さるとのことです。水は元より、地球全体の大気にとってもとても重要な地域ですね。

次の方はメールアドレスから推測しますとフランス在住の方だと思うのですが、7月25日はペルーにいるので、そちらから参加したいとのことです。

こんにちは。私の名前はマリツァです。
私はこのプロジェクトに参加したいと思いますが、7月25日にはペルーのリマにいます。私は海岸に行って、私の愛と感謝の思いを捧げたいと思います。私は15歳になった時に、水とコミュニケート出来ることを知りました。今私は43歳です。そして水は私にとって愛すべきものです。
これから先のイベントについても私に是非お知らせ下さい。
あなた方がしていることに対しての尊敬と感謝とともに

マリツァ・バロー・ベトッチ

こういうお便りも、とても嬉しいものです。

最後にオーストラリアからですが、現地在住の日本人の方です。

こんばんは。

きょう、月刊「HADO」6月号が届きました。いつもありがとうございます。
それに7月25日の海外での催しについては7月号に載せるとありましたので、ぜひ、ご案内いただくようにお願いもうしあげます。
オーストラリアのゴールドコーストでWorld Water Concertということで「水への愛と感謝プロジェクト」に参加することにしました。日本からもAIKA&MINEAKIというデュエットが参加してくださいます。あとは地元のアカペラグループ、ソロシンガーで有名なブライアン・マーティン、ニンインディ、クイーンズ大学のマウス・オブ・オーケストラなどが出演します。
コンサートの中で会場に集まってくださった人たちみんなといっしょにビジュアライゼーションで、地球の水が美しくなりますようにと感謝を送ります。
7月25日(金)夜7時から10時…ロビーナ・コミュニティーセンター・ホールにて
7月26日(土)昼1時から4時…ヒンツ・ダム公園にて
詳しくは以下のホームページにてご案内します。
http://tabi.nu/water.htm

先日の6月1日の「世界環境の日」のこちらでの催しではINNER GLOW HEALTH PRODUCTS P/Lの人がポスターなどご用意くださいましたおかげで「水からの伝言」の本のご紹介とこのプロジェクトの趣旨とわたしたちの計画しているコンサートをプロモーションすることができました。
ありがとうございました。

松本 淑子

松本さんは海外で大活躍されているご様子、私たちのプロジェクトにもジョイントして下さるとのことで、大変嬉しく、また同時にとても頼もしく思っております。よろしくお願いいたします。

親愛なる皆様へ

以上にお示ししたような次第で、多くの方々が私たちのプロジェクトの趣旨に賛同して下さいまして、7月25日には日本各地・世界各国で「世界の水に愛と感謝を捧げるセレモニー」が開催されていきます。

この日には私たちが捧げる愛と感謝の思いによって、地球全体の水の波動がどんどん高まって光り輝き、水が浄化・純化されていくとともに、私たち人類の集合意識そのものも同時に高められていくことを、私たちは確信しております。そして見えない波動の世界で起きた変化は、遅かれ早かれ必ず、見える世界での現象となって現れてくることでしょう。

また7月25日はひとつのイベントとして設定してきているわけですが、もちろん一番重要なことは、毎日いつでも、水を使うたびに、水に感謝を捧げることでしょう。そういう習慣もしくは意識というものも、こうしたイベントに皆で参加することによって人々の意識が繋がっていき、それによって少しずつ人類の集合意識全体に変化が生じて、ある臨界点を超えた時に皆誰でも当たり前のこととして、常識として、認識していくようになるのではないかと考えています。その暁には「世界の水に感謝を捧げる日」が、国境を越えて地球的な休日として、自然に制定されていくのではないかと考えております。そして、私たち「水への愛と感謝プロジェクト」では、この時点をプロジェクトの最終ゴールと捉えております。

当プロジェクトの趣旨に賛同して、世界の水に愛と感謝を捧げてくださるすべての方々に、深く感謝いたします。ありがとうございます。

お水さん、愛しています(Water, We Love You)
お水さん、ありがとう(Water, We Thank You)
お水さんを大切にします(Water, We Respect You)

水への愛と感謝プロジェクト事務局・根本 泰行

[次の記事]

ホームへ戻る